負荷テスト

負荷テスト サーバ入れ替えの指標や、プログラム改修による性能アップ

これからの拡張の為に

今後システムの拡張を考えている場合、現在の仕組みでどの程度のパフォーマンスが出るのか?CPUやメモリをどの程度にしたらどのような結果が得られるのか?理解し、今後の拡張方針にする必要があります。

システムカルテ(有料)を作成させていただき、そのカルテを基に負荷テスト行い、ボトルネックがどこにあるのか?そのボトルネックをどのようにしたらどうなるのか?を予測する材料にします。

これにより、システムのどこに経営資源を投下すればより良いパフォーマンスを得る事が出来、収益をアップさせられるのか?を知る事が可能です。

負荷テストにより実現させなかったサーバ強化例

あるお客様のサイトが高負荷になる為、どのようなサーバに入れ替えたら良いか?テストを行いました。

当初の予定では、複数台のサーバを用いて負荷分散を行う予定でいましたが、負荷テストによりCPUを大きくすれば、現在予想されている負荷に耐えられる事がわかりました。

まずは大きな投資をせずに、近い未来の負荷に備え CPUの拡張を行い、現在は好調に稼働しております。

もちろん、Webサイトのアクセスが増えれば、大きなシステムに移行させる必要があるのですが、今はその時期ではないと判断させていただきました。

システムの負荷を知りたい場合、まずはご相談を

システムやWrbサイトの性質により、負荷が高まる時期や時間があります。これらを考慮した上で、負荷テスト行い最適なシステム構築を行います。

負荷が高まってしまい、どうにもならなくなる前にご相談ください